iPhone-アイフォン・キャンペーン情報:トップ > iphone(アイフォーン)の料金
iphone(アイフォーン) の料金体型はわりとシンプルです。本体機種が数種類あるので、それによっても料金はかわります。

iphone(アイフォーン)の料金

iphoneを現金一括で買わない限りは

月々に分割で機種本体代を払わなければなりません。

そんな時に使えるのが、月月割です。

 

まず、本体価格は、iPhone 4の16GBだと4万6080円、

32GBだと5万7600円に設定されています。

しかし、割賦払いの「新スーパーボーナス2年払い」で支払うと、

頭金は不要で月々の設定金額は

16GBで1920円、32GBで2400円となります。

ここからソフトバンクモバイルでは「月月割」という割引施策が適用されます。

これが1920円に設定されていることから、

支払金額から月月割の1920円が引かれることになり、

これにより16GBで0円、32GBで480円の月々の支払いになるというわけです。 

つまり総額は16GBで0円、32GBで11520円という計算になります。

ややわかりにくいプランですが、

すぐに解約せずに2年間使い続けることでお得感が出てくるのです。

 

しかし、途中で機種変更をしたら、どうなるか?

分割払いで購入している場合、毎月、分割支払金(割賦金)に対して、

月月割が適用されているのですが、

機種変更をするとこの割引が適用されなくなってしまいます。

(ただし、新しく購入した機種には適用されます)。

このため、旧機種分に対しての残債が残ってしまいます。

仮に1年前にiPhone 3GSを購入したユーザーがiPhone 4に乗り換えるとすると、

3万数千円分の残債を払い続ける必要があるので注意が必要です。

残債はソフトバンクショップや家電量販店の

iPhone販売コーナーなどで確認できるので、

購入前に確認しておきましょう。



IT用語