iPhone-アイフォン・キャンペーン情報:トップ > iphone(アイフォーン)VSアンドロイド携帯
iphone(アイフォーン)とアンドロイド携帯、スマートフォンを購入する時、どちらを選べばよいのでしょう?

iphone(アイフォーン)VSアンドロイド携帯

グーグルの携帯電話向けOS「Android(アンドロイド)」を搭載する

スマートフォンが出そろい始め、

アップル「iPhone」との対決がいよいよ本格化しています。

アンドロイド普及のカギは、スマートフォンの最大の特徴である

アプリケーションがどれだけ充実するかですが、

現在のアプリ市場にはまだまだ課題が多そうです。

 

しかし、順調に増えるアンドロイド携帯に関して、

購入者は増えていますが、アンドロイド向けアプリ市場に対する

アプリ開発者の評判は必ずしもよくないのです。

グーグルはアップルのアプリ配信ストア「AppStore」に相当するサービスとして

「アンドロイドマーケット」を運営しています。

アンドロイドマーケットのアプリ登録数は10万本台と、

数の上ではAppStoreの約30万本を追い上げていますが、

アプリ販売で収益を上げる成功例がなかなか増えてこないためです。

 

その理由の一つに、デジタル著作権管理対策が十分でなく、

公開したアプリを違法コピーされやすいという問題があるのです。

中国では登録されたゲームがDVDにまとめられて

販売されるというケースも見られるらしく、

ゲーム開発会社が参入を躊躇する要因になっているとのこと。

アプリを審査するプロセスもないため、

知的財産の侵害とみられるような行為も激しい。

 

アプリ関連にはまだまだ、問題はあるものの、

今年の伸びは相当と思われるアンドロイド携帯。

今後のスマートフォン市場も目が離せません。

 

 

IT用語