神戸クリニックのレーシック:トップ > 神戸神奈川アイクリニック-失敗と再手術
神戸神奈川アイクリニック-失敗と再手術について。

神戸神奈川アイクリニックの失敗って? 再手術とは?

レーシック手術を受けたすべての人が、満足のできる視力まで回復しているかというと、100%必ずしもそうではありません。
たとえば、顧客満足度98%といっても、2%の方にはなんらかの理由で満足していないわけです。
実際、少数とはいえ、希望どおりの視力まで回復しなかったり、わずかな確率ですが、近視の戻りが起こることがあります。

「これでは手術した意味がない!」

というような場合、どうするかですが、再手術によって、希望の視力を達成できるように追加矯正を行うことができます。
(再手術ができない方もいますので、自分が再手術にも適応しているかどうかは、クリニックの診断にて確認しておく必要があります)

神戸神奈川アイクリニックのアフターケアの詳細を見るクリック!

万全のアフターケア「トータルケアサービス」なら安心

最初の手術後の再手術費用をどう扱うかは、一般的に眼科クリニックによってさまざまです。
多くのクリニックは保障期間を設けて、たとえば「レーシック手術後1年間は再手術を無料で」、といった対応を行っています。そもそもそういった保障のない医院というのは、今ではほとんどないと思われます。

神戸神奈川アイクリニックの場合はどうなのでしょう?
こちらの場合、アフターケアの一環として、生涯保障プログラム(再手術が生涯無料)を用意するなどして、術後のケアや再手術に対応してくれています。
これは「プレミアムアイレーシック®」と「カスタム エピレーシック/ラセック/PRK」に適応される「トータルケアサービス」という万全の保障制度によるもので、これだと追加矯正や再手術の保障期間が生涯保障となります。
他にも術後検診や相談、合併症の治療対応などもすべて無料になります。

目先の値段の安さでは、計ることができない安心と安全も手に入れることができるのです。

また上記の術式以外のメニュー、たとえば「スタンダード レーシック」や「iFS イントラレーシック」でも一定期間にわたる保証があるので安心です。

神戸神奈川アイクリニックのアフターケアの詳細を見るクリック!


▼無料適性検査はこちらから▼
レーシック無料適応検査


もっと詳しく知りたい方は
神戸神奈川アイクリニックのレーシック無料説明会
IT用語